ファッションと専門性

ファッションというとかなりセンスが問われる業界だと思う方が多いですが、ファション業界といっても様々な役割があるので、何もデザインするだけがファッション業界のお仕事というわけではありません。
たとえば、パタンナーなどは服を制作するための土台を作るために服のパターンを考えるお仕事となっているので洋服の知識は必要ですが、技術を習得すればセンスはあまり関係ありません。
他にも、服の流通に関わるスタイリストなどの勉強ができるようなコースもあり、ファッションセンスを磨くために行なうことができるようなコースも多数用意されています。
そのため、専門学校の選択によってはファッションの流通などのお仕事に就きたい方も流通について専門的に勉強することができるようになっているのです。
専門学校のなかでも様々な学科があるファッションの専門学校は多くの方が社会に出て活躍できるようになっているので安心して学べるようになっています。
そのため、ファッションの専門学校に通いたいと考える際には将来就きたいと考えるお仕事を専門的に学ぶことができるような専門学校の学科を選択しましょう。

ファッションデザイナーのような服を自分でデザインしたいのであれば、服飾デザイン学科のように、デザインや縫製を学べるような専門学科を選ぶと良いでしょう。
しかし、パタンナーやバイヤーなどのような場合はパタンナーなら服飾のなかでも技術を中心に学ぶことができるような学科を選択することがパタンナーになる近道です。
将来バイヤーになりたいと考える場合は流通科の企画が勉強できるようなビジネスデザイン科などを選択すると良いでしょう。
このように、ファッションの専門学校でもかなり多くの学科があるのでしっかりと勉強して自分の将来就きたいお仕事に就くために必要な資格や知識を習得しましょう。

ページのトップへ戻る